注意すること

ひざ

マッサージはリラックス効果が高く、身体や心の疲れを癒す効果があります。しかしリラクゼーションマッサージを受ける際にはいくつか注意点があるのです。1つでも当てはまっていたら施術を中止する必要があります。 まず最初に理解しておく必要があるのが、リラクゼーション目的で医療行為ではないという事です。そのため治療することはできないのです。 そして熱がある場合には施術を受けることはできなくなっています。マッサージによって血行が良くなると熱が上がる恐れがあるからです。また妊娠中や怪我、半年以内に手術等を行っている場合も断られることが多いのです。 他にも水虫などの移ってしまう病気、重度のアレルギーを持っている方も受けることが出来ないサロンが多いのです。

リラクゼーションマッサージの豆知識についてですが、マッサージの効果の1つに自律神経を整えるというのがあります。仕事が忙しくて休む暇がなかったり、ストレスが多い、睡眠不足などが続くと自律神経が乱れてしまいやすくなります。 この自律神経は体温の調整、汗をかくなど意識してコントロールできない神経の事です。緊張状態をつくる交感神経と、リラックス状態の副交感神経が常にバランスを保っているのですが、疲れやストレスが溜まるとバランスが崩れてきます。バランスが崩れると頭痛、めまい、肩や首の激しいこり、冷え、便秘など様々な体調不良をおこしてしまうのです。 しかしリラクゼーションマッサージを受けることによってストレスを軽減し、リラックスさせることができるのです。