服装の重要性

マッサージ

疲労が蓄積して、朝起きても疲れが残るようになってしまったらマッサージを受けてみましょう。マッサージの種類も色々あって迷ってしまいますが、最初はソフト系から入ると良いです。いきなりグイグイやるタイプのマッサージ系だともみ返しが出やすいですから。 マッサージをもっとも効果的にうけるには軽装で行くべきです。店内で用意された薄手の着衣に着替えるところもあります。しかし、大抵の店は行った格好のままマッサージをうけることになりますから、軽装の方が良いのです。 当然ですが、冬場などは店に行くまでに風邪をひいてしまっては意味がありませんので、直ぐ脱げるジャンパーなどを羽織って行くと良いでしょう。中は薄手のスウェットの上下がお勧めです。

マッサージ店の料金体系はピンからキリまでです。一日に数名だけしかお客をとらないようなところは、料金は高いです。一回で八千円ぐらいします。しかし、じっくりとやってもらえるので満足感は高いです。 それ以外の普通のマッサージ店の場合は、数回綴りになったチケット制が多いです。九回分料金で一回分サービス付きの十回分綴りのチケットなどです。それが二万円から三万円ぐらい。つまり一回で二千円から三千円。つまり前払い制です。前払いで結構な金額を払うことになるので、結果的に新規のお客さんを遠ざけている可能性を否定できません。 最近では、一回ごとに支払いできる店も増えてきているのは歓迎すべきことです。ただし、一回分で考えるとチケット購入した場合より少し割高になります。